((むだい))

編集中

アラスカ旅〜それはまるで夢の様で〜

 

最近ウルトラマラソン(100km)完走しました丸山です。友人には車で100km運転すらキツイのに100km走るって??いかれてんの??と言われました。ごもっともだと思います。

今迄二回に渡りブログを更新して来ましたが、ここからいよいよオーロラ編に突入します。おふざけなしです。しかとその目に焼き付けて下さい。

 

現地時間22時を過ぎ。辺りは真っ暗。街の光すら届かないそこはオーロラを見る為には最高の場所で星が凄く良く見えた。氷点下30度という今迄経験した事のないような寒さ(というか痛さ)の中私は三脚を立てカメラを構えフェアバンクスの空を見上げてた。カメラを構えて一時間ぐらい経過しただろうか、牧英さんが声を張る「丸山くん!オーロラ出て来たよ!!」その指を指した先を見ると、

暗闇に包まれた空の中をなにやら白っぽいうねうねしたものがひらひらしている

(ん?あれがオーロラ??)となりなりながらもとりあえずシャッターを切る。

 

f:id:keisocc:20170725211228j:plain

(あ、オーロラだ)

レベルの低いオーロラは実際によくTVや写真で見るような 壮大なものではなく、カメラのレンズを通して初めてオーロラとわかるほどで肉眼で見ると白いモヤが漂っている感じで見える。その後もオーロラはうねうねと空を漂いひたすらシャッターを切った。

f:id:keisocc:20170725211953j:plain

 

f:id:keisocc:20170725212021j:plain

f:id:keisocc:20170725212041j:plain

 f:id:keisocc:20170725212059j:plain

ここまでくれば肉眼でも緑のオーロラを見ることができた。

初めて見たオーロラは正直な所(こんなものなかな?)という感じでした。TVや写真で見るオーロラに対して期待を勝手に膨らませすぎていたのか感動はしましたがなるほどなーって感じでした。

(この時丸山は一日目に見たオーロラが序の口でしかなかったことをまだ知らない)

 

鑑賞二日目

一日目より色が濃く範囲が広いオーロラが現れる

f:id:keisocc:20170725213000j:plain

f:id:keisocc:20170725212739j:plain

f:id:keisocc:20170725212821j:plain

鑑賞三日目

二日目よりさらに強いオーロラが現れる。

f:id:keisocc:20170727214241j:plain

f:id:keisocc:20170725213053j:plain

f:id:keisocc:20170727214403j:plain

f:id:keisocc:20170727214437j:plain

f:id:keisocc:20170725213154j:plain

オーロラとの2ショットにも挑戦(これは失敗)

f:id:keisocc:20170727214535j:plain

 

そしてフェアバンクス最終日の夜

(この日の夜私は一生忘れられない経験をする)

 

三日連続で形の違うオーロラが見えたこと、連日の夜通しのオーロラ撮影、慣れない海外の環境、これらの要素は自分の活動力を下げるのに十分すぎる働きをし正直オーロラもある程度鑑賞することができたし最終日の夜は「もうロッジで横になっていよう...」ぐらいの気持ちでした。

そんなお疲れモードの中寝袋にくるまり意識も遠くなってきて「もう寝よ...」と思っていた頃突然ロッジの中が緑色に明るく照らされた。「なんだ?」と思い寝袋から這い出て窓を除くと外が明るい。そして窓を除く自分の目線ぐらいの高さをはっきりとした緑色というかエメラルドグリーンの色をしたカーテンの帯のようなひらひらしたものが浮遊している。「え??」慌てて防寒着をまといカメラを持ち出し外に飛び出した。

その光景に私は口を開けカメラと三脚を手に持ったま呆然と立ち尽くした。

「オーロラに囲まれている.....」

f:id:keisocc:20170727215942j:plain

f:id:keisocc:20170727221249j:plain

オーロラに囲まれていたのである。今まで真上に現れることのなかったオーロラがロッジの頭上を流れるように出ていたのだ。そしてそれは上空から降り注ぐカーテンのように空から降り注ぎ私の目線付近まで降りてきた。その動きはあまりにもリアルで何か生き物が自分の周りを囲むように蠢いている感じ。はっきりと明るく見えオーロラの明かりで自分の影ができるほど。

f:id:keisocc:20170727220554j:plain

今まで見てきたオーロラとはなにもかもが違う。言葉や文章にどう表したらいいかわからないと言ったらあれだが本当にどう表したらいいかわからない。得体のしれないものが自分の頭上一杯にひろがりウヨウヨしながらうごめいている感じ。とてつもなく大きな竜が空をうようよしながら浮遊している感じ。

f:id:keisocc:20170727221052j:plain

f:id:keisocc:20170727221639j:plain

f:id:keisocc:20170727220951j:plain

その神秘さというか奇妙さというか綺麗なんだけど恐怖心みたいななんだかよく分からない感情に包まれ興奮状態が収まりませんでした。この時みたオーロラはほんとにほんとに凄くて貴重な体験でした。

 

この経験というかオーロラの凄さをね伝えたくてこうやってブログ書いてきたけどやっぱりね説明できません  オーロラを見た時の衝撃というか興奮てのはやっぱり見るしかないんだなと。だから言わせてくださいこのブログ読んでるそこのあなた、死ぬ迄に絶対オーロラ見た方がいいよ??

見れたらいいな、じゃなくて見るの

 

 

アラスカ旅〜オーロラ準備編〜

以前の更新から数年経ちましたが

更新させて頂きます。この感動の体験を今スマフォの画面を通して見ているそこの貴方に伝えたいから。君が好き。(何でもいいからとっとと本題に行け)

 

では本題へ前回は無事フェアバンクスのホテルに着いた所で物語は終わっています。それでは続きをどうぞ。

[フェアバンクス滞在1日目]

f:id:keisocc:20170724112124j:plain

今回わたくしが泊まったホテルはこちらです。

リージェンシーなんちゃらホテル(名前ぐらい覚えとけ)

このホテルを起点に活動したのですが5泊で一泊(¥6000)程度。朝食付き。。このホテル、安いッッ!!(伝われ~)。はいロビーはこんな感じ

f:id:keisocc:20170724112434j:plain

f:id:keisocc:20170724112656j:plain

f:id:keisocc:20170724112708j:plain

まるで日本から来た丸腰の青年を威圧をするかのようにバカでかい剥製がお出迎え。確かなんちゃら牛とヘラジカの剥製です。(これホントにバカでかいからね?)ここで丸山少しちびりました。部屋はこんな感じ

f:id:keisocc:20170724113030j:plain

f:id:keisocc:20170724113049j:plain

f:id:keisocc:20170724113107j:plain

一人には十分すぎる広さ。あやうくお決まりの裸で歩き回る所でした。(しかし滞在中このホテルで一夜を過ごす事は一度もありませんでした)。ではここで丸山クイズ!皆さんも一緒にお考えください。こちらこのホテルの浴室です。

 f:id:keisocc:20170724114034j:image

問題「シャワーはどうしたら出るでしょうか?」

シンキングタイムスタート!ストップ!

正解は

f:id:keisocc:20170724182926j:image

この蛇口部分のピロっとした部分を上に引っ張り

f:id:keisocc:20170724183010j:image

このレバーっぽいのを手前に引っ張りひねると出ます。最初このレバーで蛇口とシャワー切り替えるのかな?と思って触ってましたが全然シャワーから水が出ず、小一時間ぐらい格闘してました。ここがこのアラスカ旅で1番疲れた所。はい。いやー文化の違いね!!みなさんも覚えておいた方がいいよ!!焦るから!!そこの君!!焦るよ??それと蛇足なんですがアラスカのホテル

f:id:keisocc:20170724182904j:image

ペーパーと便座の位置が遠い。これあれだよ?一回お尻離れるからね?(汚い)気を付けてね?(汚い)俺はゴムゴムの実なのか?ゴム人間か?そうなのか?と1人で突っ込みを入れてました(寂しい)

 

はいそれではいよいよオーロラ鑑賞の方へ移っていきたいと思います。そもそもオーロラはどこで見れるのか?どのぐらいの確率で見れるのか?という話にまずなるんですけど「見れる場所」の大本命としてまずあがるのが「カナダのイエローナイフ」と今回行った「アラスカのフェアバンクス」この2つがまず上がります何故大本命なのか?それは自分で調べろください(適当)。正直イエローナイフの方がツアーも充実していてオーロラを見る為の環境も整っていますがそう行った観光オーロラ的なのはノンノン、メンズノンノだったので今回より自然に近い形で見れるフェアバンクスを選ばせて貰いました(えっへん)

じゃあどのぐらいの確率で見れるのか?これは正直運です(うんち)例えば何十万とかけて遠い遠いアラスカの地までいって1週間滞在したとします。一回も見れませんでしたって事もあります。逆に少ない滞在期間で毎日見れましたっていう事もあります。確実に100%見れるという事は一切なくて場所は勿論、季節は冬だったり、滞在日数は長めにしたりと少しでも確率を上げて臨むのが良いでしょう(自然理不尽過ぎる)。実際今回の一人旅にかかった費用もまあ何十万と言う訳でオーロラ鑑賞のチャンスもその分4回と確率高めにしていったのですがもしなにも見えずに終わってしまったらどうしよ、、お金、、インスタグラムにあげれない、、困る、、というような最悪のケースも考えて私は向かいました。(インスタグラムは別にいいだろ)。

[オーロラ鑑賞一夜目]

今回フェアバンクスでオーロラを見るにあたってフェアバンクス在住の夫婦にお世話になりました。それがこちら

f:id:keisocc:20170724184002j:plain

(最終日のお別れ会にて撮影)

河内夫婦です。二人は日本人最北端に住む夫婦で夫の牧英さんは北極圏をカヌーで一人旅をしたりその他色々冒険をしているやばい人で、奥さんのまきこさんも一見文科系に見えて日本にいた頃は山岳会に所属し冬山とかばりばりに登ったりしていたやばい人です。そして今現在は水も電気も来ていない場所で家を建てて暮らしています。そんなやばい夫婦に4日間お世話になりました。そして今回オーロラーを見るための拠点となったのが牧英さん手作りのこちらのロッジ

f:id:keisocc:20170724185137j:plain

窓がたくさんあるのが特徴。お着替えなんかしようもんなら盗撮の格好の的です。けしからん!(誰も盗撮しねえよ)

f:id:keisocc:20170724185335j:plain

そして暖炉。こいつめちゃめちゃ優秀。暖炉暖かすぎワロタwwって感じでした。はい。

f:id:keisocc:20170724185520j:plain

二階もあり、こんな感じでした。

f:id:keisocc:20170724185654j:plain

そしてトイレなんですが、、、(お食事中の方いましたら謝る)

f:id:keisocc:20170724185804j:plain

こちらがトイレ

f:id:keisocc:20170724185900j:plain

Wo!オガクズスタイルデスネ!!

水はないのでおがくずを巻いて自然発酵させるというスタイルでした。フリースタイルかよ。ちなみにこちら大専用となりますが、小の方は?と尋ねたら

f:id:keisocc:20170724190116j:plain

マキエイさん(向こうの木を指さしながら)「あそこの根本付近でしてくれればいいよ!!」

 

そうこれが泣く子もだまるアラスカ

フェアバンクスである

 

次回!!!!オーロラ鑑賞一夜目!!!!!果たしてオーロラは出たのか!!!!!寒さとの闘い!!!!!デュエルスタンバイ!!!!!!(今月中には更新します)

 

アラスカ旅〜上陸編〜

アラスカはフェアバンクスへ

5泊8日の一人旅に行ってきました

 

「あーオーロラ死ぬ迄には見ときてー」となにげない気持ちから始まったこの旅最初ツアー参加で無難にと考えてたけどそれじゃあ何の為の一人旅だと心を鬼にしてホテルから何から全て自分で手配しぶっつけ本番て感じで旅行しました

 

出発は成田空港

f:id:keisocc:20170324163632j:image

そもそも海外一人旅をした事がない私

元々憧れはありましたが一発目からアラスカとは、、自分のそういう所好き、大好き、そして優しいキスをして

今回利用した航空は全て「デルタ航空

f:id:keisocc:20170324163635j:image

(中々このシンボルいかす)

 最近はセルフでチェックインなんですね、便利なんですね

f:id:keisocc:20170324170516j:image

(流れる様にチェックイン)

四年前高専の卒業旅行でグアム行った時はチェックインでしこたま並んで記憶がある様なない様ななので便利になりました(なが多い)

往路は成田→ポートランド→シアトル→フェアバンクスの流れになります(初めての海外一人旅にこの乗り継ぎの多さは死亡フラグ)

f:id:keisocc:20170324170335j:image

こいつに乗り込みいざポートランド

デルタの飛行機は初めて乗りました

青を基調としていていかす感じでした

機内食はまあ不味くはなかった

この他にもハーゲンダッツやらその他お菓子も沢山出て来た(太る)

f:id:keisocc:20170324170416j:image

ポートランドまで10時間のフライトなので当たり前ですが立派なモニター付き

f:id:keisocc:20170324170447j:image

映画の種類も豊富で着くまでに4本の映画見ました(君の名は)(シンゴジラ)(海街)(ファインディングドリー)

 君の名は見てる時に隣に座ってた米国人が私に日本語で話しかけてこられ

「この映画は素晴らしいです、僕は2回も見ました。日本のアニメは素晴らしい」

と言っていました。誇らしかったです(お前は特に何もしてない)

けつの痛さと戦いながらもポートランド

 

アメリカの場合は目的地に関係なく最初に着いた州で入国審査を受けます。英検3級レベルの私は何を聞かれるかドキドキしていましたが、天ぷら(テンプレ)の「滞在日数は?目的は?どこに行くの?」程度しか聞かれ(聞き取れ)なかったのでまあ余裕でした 天才なんで

ゆるりゆるりと米国に入国しポートランド空港に入りました

f:id:keisocc:20170324170716j:image

無事に1人で入国出来上機嫌な私

f:id:keisocc:20170324163634j:image

(この銅像は何者かは全く知りません)

ポートランドから次はシアトル行きに乗り換えだと意気込んでいたらセキュリティーチェックのおばさん(お姉さん)が私に近寄って来て「次はどこに行くの?」風な感じで尋ねて来たのでチケットを見せたらその搭乗口まで案内してくれました。優しい、、、(お姉さん(お婆さん)ありがとう)

 

ポートランドからシアトルまでは

1時間。エロい事考えてたら着いてました

 

シアトル着

シアトルでの乗り継ぎはたっぷり6時間

シアトル空港内を隅から隅まで探検してました

(中央広場)

f:id:keisocc:20170428201554j:image

f:id:keisocc:20170324163637j:image

シアトルに第1号店があるだけあって

スタバがめちゃくちゃあった

f:id:keisocc:20170324163639j:image

ここにも

f:id:keisocc:20170428202617j:image

ここにも

f:id:keisocc:20170428202634j:image

いやどんだけあるねん

因みに米国のスタバは注文時に名前を聞かれ名前を呼ばれて商品を受け取ります。日本人の名前は発音しにくいのが多いという事なので呼びやすい名前を教えましょう

ショップは野球関連中心な感じ

イチローだね

f:id:keisocc:20170428202214j:image

ジョジョ立ちしてた

f:id:keisocc:20170428202704j:image

空港内はとにかく広くて広くて

まあ疲れる感じの配置

f:id:keisocc:20170428202133j:image

その広さ故に空港内を地下鉄が走っていてそれで各ゲートへ移動できる感じでした

f:id:keisocc:20170428202154j:image

なんやかんやで時間は過ぎ

いざ目的地フェアバンクスへ

シアトルからは5時間ぐらい

この便の席隣が屈強な白人マッチョマンだったので潰されるかと思いました

深夜1200に目的地フェアバンクスへ着

f:id:keisocc:20170428202839j:image

熊たちがお出迎え

f:id:keisocc:20170428202904j:image

さてここらホテルへ行きます

今回予約したホテルが

空港までの無料送迎を24時間やってるとホームページに書いてあったので

よしホテルへ電話だとなり

電話を探す。そして発見

f:id:keisocc:20170428203000j:image

しかしなぜだかこの電話かけれない、、

お金も入れてかけ方も手順的には間違いないと思うのに掛からない、、

少してんぱりだす丸山

周辺を見渡す

日本人は勿論いなく

深夜なので人もまばら

ええーい、電話が繋がらなければ

タクシーで行ってしまえ!と

切り替えるも

f:id:keisocc:20170324163633j:image

タクシーが一台もいない、、

来る気配もない、、

しかも外は感じた事のない寒さ

というか痛い寒さ

(この時氷点下30度)

丸山を一気に不安感が包みます

頼ろうにもグアムみたいに日本人もいないし日本語も通じない

歩いて行くかと

空港からホテルまでの距離を調べる

7.6km、、歩けない距離ではない、、

しかし見知らぬ土地、ましてや海外

この寒さの中重い荷物を担いで

行けるのか?とぐるぐる考え

どうしよどうしよと空港内を

ふらふらしていたら

空港の作業員らしき人を発見

「エクスキューズミー..」と声を掛ける。

髭を蓄えたハグリッドのようなその人に

ホテルに行きたいという主語を伝える

すると「ok!ok!」俺に任せろと言わんばかりに自分の携帯を取り出してホテルに電話をしてくれ

送迎の手配を取ってくれました

半べそかきながらthank you thank youを繰り返し握手を求める丸山にその人は作業中で手袋をしていたので汚いから握手はできない風なジャスチャーをされ肘を突き出して来たので感謝の気持ちを込め肘をがっつり掴みました(肘で握手したのは初めて)威勢が良くイカした人だった、、ありがとう、、大感謝、、

 

こうして丸山は無事

アラスカに降り立つ事が出来ましたとさ

(オーロラ編に続く)

 

 

2016年の事

 

 

ふわっと今年を振り返ります

 

小松菜奈さんとの握手』

f:id:keisocc:20161231065553j:image

この先あるかないかの機会

正直本当に握手したのか、会話をしたのか分からなくなるぐらいの体験でした

目の前に小松菜奈さんがいて

自分と会話をして握手をして

考えられない

本当に本当に良かった

 

『新潟サイコロの旅』

北見と急に始まったこの旅

f:id:keisocc:20161231065833j:image

水曜どうでしょう的なあれね

サイコロの出目の路線で目的地目指す奴

f:id:keisocc:20161231070031j:image

多少妥協するのかなとおもたけど

北見が馬鹿みたいにサイコロの目に従うから

f:id:keisocc:20161231065923j:image

後半もうこんな感じでした はい

んで目的地の新潟県青海駅に着いたのが終電で真っ暗ていう

f:id:keisocc:20161231070151j:image

宿も近くになく結局ラブホに泊またり

f:id:keisocc:20161231070332j:image

ぶっ飛び過ぎていい思い出

そんな北見も今じゃパパ 

 

『ランニングとマラソンと』

今年も走ったなー

f:id:keisocc:20161231070525j:image

f:id:keisocc:20161231070536j:image

f:id:keisocc:20161231070553j:image

いいよね 

上野公園の10キロで最高記録で

年代別一位取れたのは最高に気持ちよかた

f:id:keisocc:20161231070803j:image

湘南国際フルマラソンも今年で3回目

f:id:keisocc:20161231080649j:image

f:id:keisocc:20161231070838j:image

(父さん兄ちゃんと)

フルマラソン一緒に走ってくれる父親なんて中々いないよ?

すげー尊敬してる かっこいい

フルはまだまだ難しい

f:id:keisocc:20161231071105j:image 

よく「なんで走ってんの?なに目指してるの?」とか聞かれるけど

走ってると色んな「走る理由」

を持った人たちに出会います 

この話はまたどこかで(多分)

 

『登山』

 今年は沢山登ったなー

f:id:keisocc:20161231080121j:imagef:id:keisocc:20161231080126j:imagef:id:keisocc:20161231080141j:imagef:id:keisocc:20161231080148j:imagef:id:keisocc:20161231080156j:imagef:id:keisocc:20161231080201j:imagef:id:keisocc:20161231080207j:imagef:id:keisocc:20161231080217j:image

 

中でも「槍ヶ岳登山」は

一生忘れられない経験です

f:id:keisocc:20161231080307j:imagef:id:keisocc:20161231080312j:imagef:id:keisocc:20161231080317j:imagef:id:keisocc:20161231080322j:image

f:id:keisocc:20161231123814j:image

北アルプスもうちょっと攻めてみたいし

冬山にも挑戦してみたい

(槍ヶ岳登山はまた別で書こ)

 

『場所』

色んな所にいった

f:id:keisocc:20161231071323j:imagef:id:keisocc:20161231071332j:image

f:id:keisocc:20161231080534j:imagef:id:keisocc:20161231080539j:image

f:id:keisocc:20161231133514j:imagef:id:keisocc:20161231080557j:imagef:id:keisocc:20161231080603j:image

f:id:keisocc:20161231123857j:image

f:id:keisocc:20161231133005j:image

f:id:keisocc:20161231133124j:image

 f:id:keisocc:20161231071859j:image

f:id:keisocc:20161231133321j:image

f:id:keisocc:20161231071924j:image

f:id:keisocc:20161231140705j:image

f:id:keisocc:20161231071400j:image

f:id:keisocc:20161231071405j:image

f:id:keisocc:20161231080624j:image

カメラもっと上手くなりたい

そろそろ海外一人旅に行きたい

 

『人』

f:id:keisocc:20161231071550j:imagef:id:keisocc:20161231071558j:imagef:id:keisocc:20161231071601j:imagef:id:keisocc:20161231071612j:imagef:id:keisocc:20161231071620j:imagef:id:keisocc:20161231071625j:imagef:id:keisocc:20161231071630j:imagef:id:keisocc:20161231071637j:imagef:id:keisocc:20161231071644j:imagef:id:keisocc:20161231071650j:imagef:id:keisocc:20161231071703j:image

f:id:keisocc:20161231133626j:imagef:id:keisocc:20161231071713j:imagef:id:keisocc:20161231071721j:image

f:id:keisocc:20161231133700j:image

f:id:keisocc:20161231071731j:image

f:id:keisocc:20161231133425j:image

f:id:keisocc:20161231135429j:imagef:id:keisocc:20161231133433j:imagef:id:keisocc:20161231133442j:imagef:id:keisocc:20161231071743j:imagef:id:keisocc:20161231071753j:imagef:id:keisocc:20161231071800j:imagef:id:keisocc:20161231071806j:image

 色々おりました

 

 

こう振り返りると一年あっという間

社会人になってお金も余裕が出来て

時間もあって彼女もいなくて

好きな事、やってみたい事に

色々手を出せれた年だった

 

来年は年男で前厄の年です

歳は24歳になります

小さい頃に思い浮かべた24歳って

結婚してたり大人っぽいイメージがある

でも今の自分はそれこそ中身の真ん中

ら辺の部分なんて小中学ぐらいから

変わってない感じで

体ばかり成長してる感じです

(周りの環境は変わって)

 

来年はもっと意欲的に行きたい

(意欲的の使い方あってるか心配)